公認会計士について

公認会計士を目指している、あるいは目指そうと考えている方にとって、試験合格までにどれくらいの時間がかかるのか気になるところです。または、公認会計士という仕事について興味がある方も、どのような資格で、どうすれば効率良く勉強できるのかを知っておくことで、試験合格までに必要になる勉強時間が異なってきますので、事前に調べておくことが大切です。また、公認会計士と税理士はよく混同されがちですが、認知度で言えば税理士の方が上で、公認会計士という仕事についてはあまり知られていないのが実情です。

公認会計士とは、監査や会計に携わる専門家になり、その国家資格は弁護士や医師と同様に会計の分野では最も難しい資格とされています。公認会計士の仕事内容は、企業の財務諸表に不正がないか監査すること、経営についてのアドバイス、コンサルティング、税務業務全般になります。この税務業務については、本来税理士の業務ではありますが、公認会計士は税理士登録が可能ですので、税理士と同じように税務業務を行うことができます。また、税理士においても、税務を扱う限りは会計業務も伴いますので、ここが混同される所以と言えるでしょう。

公認会計士という仕事に就く為には、公認会計士試験に合格する必要があります。その為には、会計、監査、企業法等の専門分野を多岐に亘って勉強しなければいけません。また、その試験に合格した後も実務経験や補習所に通う必要があります。では、資格取得までの流れについて紹介します。